つよくあたたかく

0
    月曜日。
    祖母が逝去しました。

    約2年前にイレウスで入院をきっかけに身体は衰弱の方向を辿り、自宅へ戻ることなく息を引きとりました。
    92年の生涯でした。

    今の私の仕事は祖母の影響を受けたものです。
    祖母は百姓の傍ら、高校の分校の寮で食事を長年作っており表彰を受けるほど尽力しました。
    料理の関心度が高いばぁちゃん。
    切り抜きや料理番組のメモから展開したアイデア料理をたくさん食べて育ちました。
    おでん、かぼちゃスープ、いなり寿司、ガスで炊いたごはん、その他いろいろ。
    ばぁちゃんと話した会話で印象に残っている言葉があります。
    それは
    「上を見れば限りない、だけど下を見ると目が回りながらも何とか頑張って生きている人たちもたくさんいるんだよ。だから大変かもしれないけど今に感謝して今を大切にして。だけど頑張りすぎないで身体だけは大事にな。」

    おそらくこの会話がちゃんとできた最後の会話。2年前のゴールデンウィークにばぁちゃん家に行った日のこと。


    料理が好きで。
    花が好きで。
    仕事一筋。


    最期行けなくてごめんね。
    告別式、行けなくてごめんね。


    たくさんのことを教えてくれてありがとう。
    長生きしてくれてありがとう。

    ばぁちゃんの言葉、忘れずにこれから生きて行きます。

    人生意気に感ず

    0
      年の瀬ですね。

      夏休みはもちろん、お盆休みもなく走り続けたら色々不調となり、そんな自分が不甲斐なく腹が立ちもがき続けた11月から12月。

      年末は大好きなひとたちに会って、好きな時間を過ごして、労ることに専念。最高の贅沢!

      大好きなひと、もの、こと。
      に触れて少しココロにゆとりができたので、客観的に今年を振り返る。
      残念な思いをすることもあったけど、それよりも断然笑顔でいる時間のほうが多かった。

      「人生意気に感ず」

      それでは、皆さん、良いお年をお迎えくださいませ。

      relax

      0
        寛ぐ。

        大事な時間。

        なんにもしない。考えない。

        一年ぶりに背負っていたものを下ろす。

        あー
        なんて開放的。
        なんて解放的。


        気持ちに余裕が出来ると
        優しい気持ちになれる
        許すことができる


        もっと心身のキャパシティを
        増やせばいいんだよね


        そのためにはちいさなきっかけも
        大切にして、見落とさないで




        今年後半、耐えた分、頑張った分、
        思いっきり開放して
        心ゆくまで寛いでやるー!

        さぁ 明日の出逢いはなんだろう?


        最近

        0


          二十四節氣のひとつ【冬至】

          冬氣という名の「 陰 」が極まるとき

          つまり「 極限 」に達するときであり

          それは「 陽 」に転じるときでもあり

          まさに「 龍昇 」するときであります

          貴船さんより引用

          ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          11月からの窮屈さと煩わしさ、
          ある悲しいちいさな怒りから
          脱出できない自分が情けなくて。

          今時期になって、
          来月のイベントに行くかどうか
          迷いが出始めています。

          行かないときっと後悔する
          だけど。

          こんなモヤモヤしているときに
          またハッとする言葉。


          陰を極め、陽に転じる。


          落ちたら、這い上がるしかないよね。
          最近 悲しい思いが多かったから
          これからはきっといいことがあるはず。
          期待はしない。
          けど、信じるしかない。



          ふつうのしあわせが欲しい

          ふつうのしあわせってなんだろう?


          last one play

          0
            これはラグビーで出る言葉。

            好きな言葉。


            震災を経験してから
            人との付き合い方は
            随分丁寧になったと思う。


            いつ、そうなったとしても、
            後悔しないように
            会っている時間は
            嘘のない、そのまんまの
            自分でいこう、と。


            思うがまま。

            re:start

            0
              9月。
              まるでジェットコースターに
              乗ったような 目まぐるしく
              起伏に満ちた日々だった。


              仕事も進路も。


              直感を信じて進む気があったはず。
              なのに、それを辞めた。



              誰のせいでもなく
              自分自身の決断だから
              今はこれがベストな道だと信じよう


              自分で手離したチャンス


              また努力を重ねていけば
              きっとまた新しいチャンスを
              掴めるはず


              だからまた頑張ればいい


              本当のチャンスとは
              これからの生き方次第で
              出会えると信じて。

              そして今回のことで
              巻き込んでしまった人たちに
              恩返ししていこう。

              Being unconfined, not clinging to anything

              0
                人生は毎日順風満帆なんて
                まずありえない。
                いくつかの苦難があって
                様々な出来事の連続の中にあっても、
                常に心は一カ所のみにとどまらず、
                執着せず、
                雲のように無心に颯爽と生きる。

                行雲流水。

                昔から伝わる教えは
                やはり深い意味があり、
                いくつもの世代を超えても
                自然に心へと染み入る。


                この数日で走馬灯のように
                これからのことを考えた。

                なんで働いているのかな?
                これって本当にやりたいこと?
                本当にやりたいことって何だっけ?
                収入だけで仕事選んでない?
                嘘、ついてない?

                ……。

                じゃあ、これからどうしたい?


                ……、、。



                きっと手放せば、明確になるはず。
                その勇気なんだよね。


                直感を信じてみようか。











                自分自身の底力を信じて

                0
                  今はちょっと調子がよくなくても、
                  あなたのなかには ちゃんと
                  「元気になる力」があるのです。

                  どんなときも
                  自分自身の底力を信じてください。
                  十分に羽を休めたら、
                  また前を向きましょう。
                  歩き出す力が備わっているはずです。
                  (江原啓之)


                  今年度入ってから、公私にわたり
                  残念なことに対峙することだらけ。

                  そんなの気の持ちようとか
                  そんなの吹き飛ばしてやる
                  と、踏ん張って

                  わざと仕事を忙しくしてみたり
                  明るく振る舞おうとしても
                  ツラさが先行してしまい
                  ココロの底から楽しめていないのが
                  途轍もなくツライのです。

                  免許更新の途中に
                  いい車にぶつけちゃったり、
                  約束を破られたり、
                  ネチネチしたお叱りをうけると
                  正直堪えます。


                  −−−−−−−−−−−−−


                  どうせ予定も入ってないし
                  ひとりだから
                  何でもいいんだけどさ


                  何もしたくない
                  するのがこわい


                  −−−−−−−−−−−−−


                  そんな気持ちのときに
                  Twitterでフォローしているところで
                  この言葉を見つけました。


                  こんなんじゃないよね。
                  自分自身の底力、あるって
                  自分が自信を持って
                  信じてあげないと。








                  最近のキーワード

                  0
                    学問は脳、仕事は腕、
                    身を動かすは足である。
                    しかし、いやしくも
                    大成を期せんには、
                    先ずこれらすべてを統ぶる
                    意志の大なる力がいる、
                    これは勇気である。

                    私の好きな言葉。


                    そして気付いた。


                    私に欠けているもの
                    それは『勇気』

                    最近、勇気にまつわる言葉の
                    出会いが多いから
                    なおのこと勇気を持つことから
                    逃げているのかなって思う。



                    勇気だね。勇気。






                    コウシニマナブ

                    0
                      四十にして惑わず。
                      と誕生日に友人から聴いて
                      最近、孔子の論語を読み直し。
                      精神的な幼稚さをなくすために
                      向き合おうと決心した週末でした。

                      知識を蓄えて気後れせずに
                      人と渡り合えるようになることが
                      新しい歳の目標。

                      転職してから
                      とにかく経験することに
                      主眼を置いて走っていたら、
                      知識が不足している。
                      バランスよくなりたいな。







                      約束は守るためにあると
                      私は思っています。

                      なぜ平気な顔して約束を破るのか。

                      それは破られる方にも問題がある、
                      ということなのでしょうか。

                      最近、残念なことに
                      約束を破られる場面に遭遇して
                      しまいました。
                      もう何度か繰り返すので
                      正直 関係を断とうと思います。

                      それが捨てる勇気で、
                      次の出会いを迎える勇気でもある。


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << January 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode